2chニュースまとめ速報@政治・経済・社会まとめ

ブログ名≪2chニュースまとめ速報@政治・経済・社会まとめ≫。2ちゃんねるにある人気のニュースをまとめます。

HEADLINE

カテゴリ : 政治

1: 2017/10/21(土) 00:05:41.00 ID:CAP_USER9

夕刊フジ2017.10.20
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171020/soc1710200006-n1.html?ownedref=not 176et_main_newsListSoc

 野党再編のキーマン2人が、まるで“お通夜”のようだ。希望の党の小池百合子代表(都知事)は18日夜のBS日テレ番組で、10・22衆院選の公認候補を選別する際、政策などが合わなければ「排除する」と述べたことについて、「言葉の使い方は本当に気を付けねばならないと改めて感じた」と反省した。

 希望の党への合流を決めた民進党の前原誠司代表は同日、京都市での街頭演説で「今の状況を見ていると、良い結果が出ているとは言えないかもしれない」と語った。

 前原氏は17日の会合でも「『この道は間違っていなかった』と言うつもりはない。短期的には失敗だと言われるかもしれない」と語っていた。



続きを読む

1: 2017/10/21(土) 00:11:23.49 ID:CAP_USER9

調査対象114選挙区での3党の情勢
no title


 読売新聞社は22日投開票の衆院選の終盤情勢を探るため、17~19日に世論調査を行った。

 調査結果によると、自民党は単独で過半数(233)を大きく上回る勢いを維持している。希望の党は、公示前の57議席に届くかどうかの情勢で苦戦している。立憲民主党は序盤よりさらに支持を広げており、公示前の15議席から大きく伸ばしそうだ。

 今回の衆院選に関する調査は10、11日に全289選挙区で行った序盤情勢調査に続き2回目。接戦区を中心に114選挙区を対象とし、序盤の結果と全国総支局などの取材を加味して選挙戦終盤の動向を分析した。

 自民は堅調だ。優勢だった約140の選挙区で好調を維持しつつ、調査対象の114選挙区のうち16選挙区で他候補を引き離している。群馬や東京などの接戦区で、自民の候補が抜け出したケースも多い。公明党は比例選での伸びが見られず、公示前の34議席を下回る公算が大きい。ただ、自公を合わせれば、300議席に届く可能性がある。

 希望は調査対象の114選挙区で75人を擁立したが、このうち31人がリードを許す厳しい戦い。小池代表(東京都知事)の側近で結党メンバーでもある若狭勝氏(東京10区)が、競り合っていた自民候補に水をあけられるなど、小池氏が地盤とする東京で伸び悩みが続く。

 立憲民主は勢いを加速させている。長妻昭代表代行(東京7区)ら3人が終盤になって混戦から抜け出し、計6人が優位に立っている。比例選では希望を上回り、小選挙区選と合わせると、希望に匹敵する議席数になる可能性もある。

 共産党は「必勝区」に位置づける京都1区で穀田恵二国会対策委員長が自民候補に引き離された。全体的に序盤の劣勢を挽回できておらず、公示前の21議席から増やすのは難しい状況だ。

 日本維新の会は、拠点とする大阪で馬場伸幸幹事長(大阪17区)らが接戦を演じている。比例選を合わせて公示前の14議席前後となる見込みだ。社民党は公示前の2議席から伸ばせるかどうか微妙な情勢だ。日本のこころは厳しい戦いとなっている。

 もっとも、今回の調査では小選挙区選で約2割が投票する候補者を挙げておらず、情勢はなお流動的な要素もある。調査は電話で実施し、有権者が在住する7万5336世帯のうち、4万5282人から回答を得た(回答率60%)。

2017年10月20日 06時00分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news2/20171019-OYT1T50076.html



続きを読む

1: 2017/10/19(木) 19:05:27.72 ID:CAP_USER9

http://www.asahi.com/articles/ASKBL3V1XKBLUZPS001.html

年齢別にみると、18~29歳では41%が自民と答え、希望13%、立憲6%を上回った。一方、60代では自民27%、立憲20%、希望10%と、立憲の支持が比較的高い。

前スレ ★1 2017/10/18(水) 23:18:54.93
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508390032/



続きを読む

1: 2017/10/17(火) 15:53:14.15 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000040-asahi-pol

国政選挙で期日前投票をする有権者が増えている。今回の衆院選では、公示翌日の
11日から15日までの5日間で約410万人が投票し、衆院選で期日前投票が導入された
2005年以降で最多。各政党も票固めの一環として力を入れるようになっている。
ただ、肝心の投票率は50%台と低迷が続いている。

投開票日1週間前の15日夕。「なまはげ」で知られる秋田県男鹿市の商業施設に
設けられた期日前投票所を有権者が次々に訪れた。建設業の佐沢政志さん(60)は
「買い物のついでに気軽に投票できる。いつも必ず期日前です」。

男鹿市は昨年の参院選(選挙区)で、投票者のうち期日前投票をした人の割合が
69・36%で県内最多となった。

1世帯あたり1・8台の車を所有し、車が主な移動手段。市はここに着目し、
住民が車で頻繁に行き来する場所にある商業施設に期日前投票所を設置した。
担当者は「住民の普段の動きを熟知することが肝心だ」と話す。

さらに秋田県内の複数の自治体担当者は、別の理由を指摘する。
「秋田は人間関係が濃密。投票日に知人と出くわして投票先を探られる状況は避けたい
という心理とうまくマッチした」。投票日は近所の投票所を指定されるが、期日前投票所は
遠くにあるため、知人と会う可能性は低くなるというわけだ。

県全体でも直近4回の国政選挙(選挙区)で、期日前の割合は全国トップ。
昨夏の参院選は47・93%で、全国平均の27・52%を大きく上回った。投票率(期日前を含む)
は全国4位の60・87%だった。


大型商業施設の中に設けられた投票所に続々と有権者が訪れた
=15日午後4時42分、秋田県男鹿市
no title



続きを読む

1: 2017/10/17(火) 06:19:41.77 ID:CAP_USER9

悪名は無名に勝る。政界の名言のひとつである。
無名の自民党2回生議員だった豊田真由子氏(43)は、ここ3カ月で一気にその名を轟かせ、全国区の知名度を獲得した。
だが、彼女のような超悪名でも無名に勝るのだろうか。答えはもちろん……。違うだろーっ!

 ***

10月1日午前10時、埼玉県の朝霞駅前に姿を現した豊田氏。
事実上の選挙戦がスタートし、連日、彼女は地元の埼玉4区内を回っているのだが、駅前で開かれていたイベントに参加していた主婦に声をかけても対応してもらえずにいた。
だが代わりに、その女性の6歳になる娘が無邪気にこう言ってかまってあげていた。

「あっ、ハゲのおばちゃんだ!」

子どもはいつでも正直である。

「ハゲのおばちゃん」こと豊田氏は、目下、自動車会社を凌ぎ「日本一有名なトヨタ」となっている。
6歳の子まで彼女の顔を知っていることがそれを物語るが、無論、彼女の場合、知名度と人気は反比例状態で、

「豊田さんは、朝霞、志木、新座の駅前で街頭演説を続けていますが……」

と、埼玉4区在住の県政関係者が哀れむ。

「地名度が上がったせいで、人が集まることは集まってくる。でも、彼女のことが怖いのか、皆ちょっと遠巻きに眺めていることが多い。
そんな『離れた聴衆』に、豊田さんは何とか近づこうとする。すると、彼女を避けようと聴衆の人波が割れるんです。十戒で知られるモーゼの『海割れシーン』を髣髴(ほうふつ)させる光景でした」

http://news.livedoor.com/article/detail/13757272/
2017年10月17日 5時57分 デイリー新潮

no title

no title



続きを読む

1: 2017/10/16(月) 16:16:55.23 ID:CAP_USER9

どの政党を支持しますか?
調査日 2017年10月14日,15日 定期調査
http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20171014/q1-2.html
自民党32.8%

希望の党5.2%

公明党3.8%

共産党3.2%

立憲民主党7.3%

日本維新の会1.8%

社民党0.5%

日本のこころ0.1%

民進党1.2%

自由党0.1%

(それ以外の政党を支持)0.8%

(支持する政党はない)38.1%

(答えない・わからない)
5.3%

※pt=ポイント

★1:2017/10/16(月) 07:04:00.91
前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508124238/



続きを読む

1: 2017/10/15(日) 08:56:19.71 ID:CAP_USER9

「中国と違う」 観光客、選挙に驚き 初の週末 各候補、訴え熱く
2017年10月15日 07:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-593804.html

 衆院選公示後、初めての週末となった14日、沖縄県内の候補者は多くの有権者にアピールしようと、人が集まる商店街やイベント会場などに繰り出した。選挙区内の離島に足を伸ばして、有権者と触れ合う候補者の姿もあった。買い物客や住民らと握手を交わしたり、政策ビラを配ったりして、1票をたぐり寄せようと懸命に駆け巡った。
 那覇市中心部の公設市場周辺の商店街には昼すぎ、複数の候補者がわずかな時間差で訪れ、陣営スタッフらと練り歩いた。飲食店や洋服店、土産物店などの店員に声を掛け、一人一人と握手をした。

 ある候補者はイメージカラーの鉢巻きを締め「ここは沖縄の経済・観光の中心地。市場の活性化にも一生懸命取り組みたい」と力説。その約30分後には、別の候補者が「消費税が10%に上がったら、財布のひもが締まって消費が冷える。年金暮らしのお年寄りも大変だ」と訴えた。

 土産物店の女性店員(65)は「沖縄は最低賃金だけれども、物価は本土と変わらない。選挙や政治で、沖縄を良くしてもらいたい」と期待した。

 そろいの色のシャツを着た陣営スタッフらが練り歩き、所々で街頭演説する光景に、珍しそうにカメラを向ける外国人観光客の姿も。中国人男性は「中国とは全然違う」と驚いた様子だった。

 本島中北部のある候補者は、午前中から船で離島へと渡り、農作業する住民らと触れ合って支援を呼び掛けた。ほかの候補者は、モータースポーツのイベントやバーベキュー大会に参加。別の候補者は地域のゴルフ大会や祭りに顔を出し、浸透を図った。

 本島南部では複数の候補者が同じ離島に足を伸ばした。それぞれ地域の総決起大会を開き、離島を舞台に支持拡大に駆け回った。



続きを読む

1: 2017/10/14(土) 15:06:43.09 ID:CAP_USER9

 総務省は13日、今回の衆院選比例区の開票で、政党名の判別が難しい「疑問票」をどう取り扱うかの具体例を、各都道府県の選挙管理委員会に通知した。民進党の分裂に伴い、紛らわしい名前を整理して開票作業の混乱を防ぐ狙いがあるが、開票所ごとの判断に任せられる面も大きい。

 公職選挙法は、有権者は政党が公示日に届け出た名称か略称を記入すると規定。それ以外の紛らわしい名前については、各開票所の開票管理者が立会人の意見を聴きながら有効か無効かを決める。総務省選挙課は「他の政党との識別が可能な場合」などは有効として通知で具体例を示した。

 立憲民主党は略称として届け出た「民主党」のほか「立」「立憲」「立民」を有効とした。一方で「立憲民進」や「民主」とだけ書いた場合の判断には触れていない。「民主」は自由民主党や社会民主党など複数の政党に含まれ、判断が難しいためだ。

 希望の党は略称「希望」のほか「希」も有効とした。民進出身者が多く合流したが、「民進」は政党の名称や略称にない文字で、無効になるとみられる。

 日本維新の会(略称・維新)は「維」「維新の会」、日本のこころ(同・日本)は「日こ」「こころ」、新党大地(同・大地)は「大」もそれぞれ有効。政治団体「支持政党なし」(同・支持なし)は「支なし」は有効だが、単に「なし」という場合は無効となりそうだ。(平林大輔)

http://www.asahi.com/sp/articles/ASKBF5RHRKBFUTFK00R.html



続きを読む

1: 2017/10/14(土) 23:17:50.67 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00050093-yom-pol

衆院選を前に交際疑惑や問題行動で謝罪を余儀なくされた前議員は、
それぞれの選挙戦を展開している。

「『国会に戻して良かった』と思ってもらえる仕事をすると約束する。ピンチはチャンスだ」

愛知7区に無所属で出馬した山尾志桜里氏は14日、愛知県東郷町での
演説会で声を張り上げた。

既婚男性との交際疑惑が週刊誌に報じられ、民進党を離党した後は謝罪に追われた。
だが、この日は週刊誌報道に触れず、「『総理の天敵』と言われ働いてきた」などと
待機児童解消を巡る実績を強調した。

尾張旭市でのイベント会場では、握手や写真撮影を求める人に笑顔で応じると、
記者団に、自らの選挙後について「中道・リベラルの声を結集する役割が私にもある」
と語った。影を潜めていた強気が戻りつつある。

3月に内閣府兼復興政務官を辞任した長野2区の務台俊介氏(自民党)は、
今も「おわび行脚」の真っ最中だ。務台氏は、台風被害を受けた岩手県岩泉町を視察中、
水たまりをおんぶされて渡ったことなどを問題視された。

長野県松本市であった14日の演説会でも、「大きな判断ミスだった。反省しなければならない」
と釈明に努めた。公示日の10日に岩泉町長が駆けつけ、「務台さんには頑張ってもらいたい」
と励まされたことも紹介したが、すぐに「確かに誤解されるような行為だった。謝るべき時は
真剣に謝る」と謝罪するなど、低姿勢を貫く考えだ。

 ◇愛知7区◇

山尾志桜里 43 無前《2》
鈴木 淳司 59 自前《4》

 ◇長野2区◇

手塚 大輔 34 維新
下条 みつ 61 希元《3》
中川 博司 59 社新
務台 俊介 61 自前《2》

(年齢は投票日現在。《》内数字は当選回数。届け出順)



続きを読む

1: 2017/10/14(土) 17:20:55.56 ID:CAP_USER9

衆院選愛知7区は、無所属山尾志桜里氏(43)と、自民鈴木淳司氏(59)の前職同士が対決する。過去5回は、自民と民主が交互に勝利。前回は約5千票差で山尾氏が制した。

山尾氏は待機児童問題で安倍晋三首相を追及して脚光を浴びたが、週刊誌で既婚男性との交際問題を報じられ、9月に民進を離党。その後首相が衆院解散を決断し、7区が全国的な注目区となった。

山尾氏は愛知県尾張旭市で出発式に臨んだ。午前10時前、会場に到着した山尾氏は、「頑張るから」と語り掛けながら、支持者らと握手を交わした。

「雑誌の報道、離党、解散、無所属での出馬……」。第一声で週刊誌報道からの激動を振り返った山尾氏は「このまま幕引きにできない。9条を改憲したら、平和への立ち位置が変わる。それに立ち向かう声が国会には必要だ。原点に返って選挙を戦う。個人の力の結集と、安倍政権の戦いだ」と語気を強めた。

従来の支持組織の連合愛知は推薦を見送ったが、山尾氏との共闘を模索してきた共産は、独自候補の擁立見送りを決定。党員らに自主投票を呼びかけている。

鈴木氏は同県瀬戸市で第一声。「北朝鮮問題や人口減少という課題を克服し、福祉を守ることができる責任感と覚悟がある政党はどこかを選択する選挙だ」と強調。「非難やスローガンだけでは政治はできない」と野党を批判し、経済産業副大臣などを歴任した実績を訴えた。

配信2017年10月10日12時29分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASKB851JPKB8OIPE00C.html



続きを読む

このページのトップヘ