2chニュースまとめ速報@政治・経済・社会まとめ

ブログ名≪2chニュースまとめ速報@政治・経済・社会まとめ≫。2ちゃんねるにある人気のニュースをまとめます。

HEADLINE

タグ: 座間

【座間9遺体】全員が家族から1週間以内に行方不明届 警察探索及ばず 「イチタン」で突きとめられず


1: 2017/11/09(木) 17:04:40.20 ID:CAP_USER9

神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、身元が確認された東京都八王子市の女性(23)と被害者の可能性のある男女8人全員の家族から、地元警察に行方不明者届が出ていたことが捜査関係者への取材で分かった。携帯電話の電波で位置情報を探索する「イチタン」などで所在確認に動いた警察もあったが、被害者の居場所を突き止めることはできなかった。

 9人は8月22日~10月23日にかけて行方不明になった。家族らは翌日から1週間以内に神奈川、群馬、埼玉、福島の各県警と警視庁に行方不明者届を出していた。

 イチタンは、警察が裁判所の令状を示して通信事業者から位置情報を取得する捜査手法で、各地に点在するアンテナの半径500メートル~1キロの範囲で位置を把握できる。

 捜査関係者によると、神奈川県警は県内の男性(20)の行方をイチタンで捜したが、位置情報は同県海老名市で途絶えた。福島県警も高校3年生の女子生徒(17)の母親からの届けを受け、イチタンで捜索したが、電波は座間市近くで途切れ、その後の足取りはつかめなかったという。

 警察庁によると、2016年に行方不明になった人は約8万5000人。このうち「犯罪に巻き込まれる危険がある」「遺書があり自殺の恐れがある」など6項目のいずれかに該当すると判断した場合、各警察は「特異行方不明者」として捜査レベルを引き上げ、イチタンや防犯カメラ映像の収集などを進める。

 今回の事件の被害者とみられる群馬県邑楽(おうら)町の高校1年の女子生徒(15)について、同県警の担当者は「年間800人近くの不明届を受けているが、(高1の生徒は)その中で特に若いので、犯罪に巻き込まれた恐れも視野に特異行方不明者として対応していた」と話す。

 16年の特異行方不明者は約5万6000人。捜索にイチタンは有効だが、通信事業者には通信の秘密を守る義務があり、警察幹部は「全ての事案で実施することは難しい」と話す。捜査関係者も「よほど事件性が疑われるケースでなければ、速やかな協力は得られない。手続きに手間もかかり、不明事案に要員を割く余裕のある警察署は少ない」と口をそろえる。

 被害者全員の家族から届け出がありながら、警視庁の捜査員が白石隆浩容疑者(27)のアパートを確認するまで事件を把握できなかったことに警察庁も衝撃を受ける。同庁幹部は「各警察が必要な捜査をしたか精査しなければならない」と話す。【川上晃弘、杉直樹、高井瞳】

配信2017年11月8日 20時45分(最終更新 11月8日 23時54分)
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171109/k00/00m/040/100000c



続きを読む

【かまってちゃん】「命の門番」が必要 座間事件後もネット自殺投稿 「誰か一緒に死にませんか」


1: 2017/11/09(木) 14:33:03.22 ID:CAP_USER9

2017年11月9日 朝刊

 神奈川県座間市で九人の遺体が見つかった事件では、白石隆浩容疑者(27)=死体遺棄容疑で逮捕=が会員制交流サイト(SNS)を悪用し、若い女性らに接触していた。インターネットの仮想空間は本心をさらけ出せる居場所。しかし、自殺を助長したり、犯罪被害の入り口ともなる。専門家は、若者の思いを受け止める専門組織をつくるべきだなどと提言し、「命の門番」の必要性を指摘する。 (神田要一、石川修巳)

 「学校を辞めたいとだけ思っていたけど…今になっては死にたい」(高校二年)、「誰か一緒に死にませんか」(中学三年)。ツイッターには八日も、自殺願望を吐露する十代の若者の書き込みが並ぶ。

 「現実世界で吐き出せないことも、見えない相手には言える。共感してくれる人が多いツイッターは、心のよりどころ」。高校時代からSNSで自殺願望を発信した神奈川県の女性(26)が、取材に応じてくれた。

 睡眠薬の写真や飲んだ量を投稿すると、フォロワー(閲覧者)が四桁に膨らんだ。「一人じゃないと思えて安心できた」。今回の事件に衝撃を受けつつ、「(ツイッターの制限字数)百四十文字の枠の中でしか思っていることを言えない。そこしか私の居場所はない」と思い詰める。

 警察庁の上半期のまとめでは、SNSに起因する十八歳未満の犯罪被害は過去最多の九百十九人。容疑者と直接会った理由は「優しかった、相談にのってくれた」が26・8%に上った。

 若者が事件などに巻き込まれるのを防ごうと、SNS運営事業者らは七月、「青少年ネット利用環境整備協議会」を設置した。LINE(ライン)やフェイスブックジャパンなど十六事業者が参加し、警察庁も支援。投稿内容のチェックや啓発活動など対策を共有するほか、人工知能などの新技術も研究する。

 「十八歳未満の犯罪被害のうち約三分の一で接点となった」(警察庁)ツイッター。その日本法人は協議会に未加入だったが、年内の加入を表明した。事件を機に、投稿での自殺などの扇動禁止を明文化し、見つかれば削除を要請する方針という。

 ただ各社に寄せられる投稿は膨大でチェックに限界がある上、「サポ」(援助交際)など隠語の横行も対策を難しくしている。

 SNSに詳しい田代光輝・慶応大特任准教授は「自殺願望のような同じ考えの人が集まると、より極端になる『集団極性化』の傾向がある。SNSには負の側面があることを若者にしっかり教えるべきだ」と指摘。長谷川博一・こころぎふ臨床心理センター長は「投稿に返事があるだけで『共感してくれた』と感じるのは、孤独の裏返し。行政と事業者が予算を投じ、当事者の話を聞いて思いを受け止めるプロの組織をつくるべきだ」と話した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201711/CK2017110902000135.html
no title



続きを読む

【座間9遺体】容疑者、「ペーパードライバーで車の運転ができず、運べなかった」 自宅に遺体置く


1: 2017/11/08(水) 15:16:58.71 ID:CAP_USER9

 神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見された事件で、警視庁が白石隆浩容疑者(27)(死体遺棄容疑で逮捕)のスマートフォンを解析した結果、9人以外にも複数の女性を、自宅に誘い込もうとしていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 同庁は、白石容疑者が事件が発覚した10月30日以降も、殺害を計画していたとみて事情を聞いている。

 白石容疑者の自宅からは遺体が入ったクーラーボックスや収納箱計7個のほか、空の収納箱1箱が見つかっており、同庁は、新たな遺体を入れるために用意したとみている。

 捜査関係者によると、白石容疑者はクーラーボックスや収納箱について、「遺体を遺棄するために買った」と供述。一部は殺害前に購入しており、事件のたびに買い足していたという。白石容疑者は、遺体を自宅に置いていた理由について、「免許は持っていたが、ペーパードライバーで車の運転ができず、運べなかった」と供述している。

(ここまで399文字 / 残り546文字)

2017年11月08日 15時00分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171108-OYT1T50060.html?from=ycont_top_txt



続きを読む

【座間9遺体】群馬の高1女子「真面目でおとなしい生徒」。アニメ好き、ネットに友達


1: 2017/11/08(水) 05:28:31.42 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000104-mai-soci

神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、被害者とみられる
群馬県邑楽(おうら)町の県立高校1年の女子生徒(15)は、同級生によると、
アニメやゲームが好きな「真面目でおとなしい」生徒だった。同級生の1人は
「ラインで連絡しても反応がない。無事を祈ることしかできない」と話す。

「先生にほめられることが多い」「明るくて優しくて、はきはきしている」。
生徒について、同級生らは口をそろえる。

中学3年生だった昨年7月には、邑楽町が開いた「一日子ども議会」に
「中学生議員」として参加し、町長に人口減少問題について質問した。
中学では演劇部に入り、部員とよく遊んでいたという。また小学生の時に
バレエを習っており、体が柔らかく、みんなに注目されたという。

高校は美術部で自作のキャラクターを描いていた。ホラーゲームが好きで、
7月にはツイッターでゲームのアニメ化を喜ぶ内容を投稿。自宅ではペットの
猫と犬を可愛がっていたという。

高校の同級生によると、生徒は「インターネット上にたくさんの友達がいて、
実際に連絡して会ったこともある」と話し、休日に東京に出かけることもあったという。

行方が分からなくなったのは8月28日。この日の始業式を欠席。翌日になっても
自宅に戻らないため、家族が群馬県警に届け出た。高校関係者によると、
女子生徒は1学期は休んだことはなかったが、始業式当日の朝にツイッターで
「休む」と書き込んでいた。

ある同級生は「クラスで浮いたりしていないし、いじめられたりもない。悩みを抱えた
様子もなかった。事件に巻き込まれたとしたら信じられない」と不安そうに話す。



続きを読む

【座間9人遺体事件 】「死にたかったわけじゃない」逮捕直前まで白石容疑者とやりとりをしていた女子高生インタビュー


1: 2017/11/08(水) 08:04:34.30 ID:CAP_USER9

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171108/k10011215021000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003
(リンク先に動画ニュースあり)

11月8日 7時23分

白石容疑者が逮捕される直前までツイッターでやり取りしたことがある高校1年生の女子生徒がNHKの取材に応じ、「学校生活などで悩みがあり、軽い気持ちで『自殺したい』と書き込んだが、ただ話を聞いてほしかっただけで本当に死にたいわけではなかった」と話しました。

関東地方に住む15歳の高校1年生の女子生徒は、家庭環境や学校での友人関係に悩んだことをきっかけに、ことし9月、自分のツイッターに「きょう死ねる人いませんか」と書き込んだということです。

すると白石容疑者が使っていた「首吊り士」というツイッターのアカウントからすぐに、「力になりましょうか」などと返信があったということです。

その後、白石容疑者とのやり取りは、当事者どうししか見ることのできないダイレクトメッセージを使って行われ、「安楽死するには縄やタオル、薬が必要です」などと具体的な自殺の方法を教えてきたということです。

女子生徒が返信すると、白石容疑者は「今から会いますか?」などと数分ごとに立て続けにメッセージを送ってきたということです。

そのときの気持ちについて、女子生徒は「学校生活などで悩みがあり軽い気持ちで『自殺したい』と書き込んだが、楽しみにしている予定もあり、気持ちが揺れているような状態だった。自殺のやり方を教えてくれるのでほかの人とは違うと思い、やり取りを続けていた。気持ちが高まっているときだったら白石容疑者と会っていたかもしれない」と話しています。

その後、女子生徒は、学校での人間関係がよくなって「死にたい」と思わなくなり、2週間ほどでやり取りをやめたということです。

女子生徒は「今振り返ると先のことが不安で、ただ話を聞いてほしかっただけだと思う。ツイッターだと相手のことを知らないので何でも言えて楽だった。本当に死にたいわけではなかった」と話しています。

そして、「ニュースで事件を知り、こんな怖い人と話していたんだと思った。今は本当に楽しいので生きていてよかったと思う。SNSは怖いです」と話していました。



続きを読む

【座間9人遺体】「楽して生活したかった」容疑者供述 金銭も目的か ツイッターの自身の自殺願望は「全部うそ」


1: 2017/11/07(火) 06:10:38.21 ID:CAP_USER9

「楽して生活したかった」容疑者供述 金銭も目的か
東京新聞:2017年11月6日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201711/CK2017110602000208.html

 神奈川県座間市のアパートで九人の遺体が見つかった事件で、白石隆浩容疑者が「楽して生活したかった」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。
調べに対して九人の殺害を認めており、警視庁は金を奪う目的もあったとみて、詳しい動機を調べている。

 また白石容疑者は、会員制交流サイト(SNS)ツイッターに自殺願望を書き込んだ女性らに、自殺の方法を指南するなどして接触したとみられているが、
「誰も本気で死にたいとは思っていなかった。『話を聞いてほしい』『自分の気持ちを理解してほしい』と話していた」とも供述。
自殺のほう助でなく、一方的に殺害した疑いが出ている。

 白石容疑者は風○店のスカウトとして働いていたが、二月に職業安定法違反容疑で逮捕され、現場のアパートに入居した八月下旬は無職だった。

 捜査一課によると「殺害した被害者から金を奪った」と供述。金額は最大で五十万円で、千円程度のときもあった。
ツイッターに書き込んだ自身の自殺願望については「全部うそだった」と供述。
部屋に誘い込んだ後、酒や睡眠薬を飲ませ、くつろがせたところを襲ったとも明かしている。

 一課は、孤独な女性らの心境につけ込み、すきを突いて殺害した可能性があるとみている。



続きを読む

【座間9遺体】孤独感つけ込まれ 容疑者と交流していた女性「ツイッターに死にたい、と書くと、『いいね』がたくさん来る」


1: 2017/11/06(月) 15:02:26.59 ID:CAP_USER9

 「ツイッターに死にたい、と書くと、『いいね』がたくさん来る」。神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)とソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で連絡を取り合っていた千葉県の女性(21)は毎日新聞の取材にそう語った。女性の話から浮かび上がるのは、女性たちが抱える孤独感と、それにつけ込む白石容疑者の姿だった。【安藤いく子、五十嵐朋子】

「学校にもなじめず、友人もほとんどいなかった」。女性はそう振り返る。家族と同居しているが、悩みを聞いてもらえる雰囲気はない。職場の人間関係で生じるストレス、心にとりついた自殺願望を吐露できる相手はネットにしかいなかった。

 最初は、うつ病や引きこもりの人たちが集まる交流サイトが居場所だった。しかし、寄って来るのは下心のある男ばかり。不特定多数の人に自分の気持ちを発信できて、反応も多いツイッターは居心地よく感じられた。

 「死にたいって書くと、何件も『一緒にお願いします』と反応があって、『死なないで』と言ってきてくれる人もいる。生きてるって言うよりも、死にたいって言った方がたくさん反応があった。それがうれしかった」

 ツイッターにアカウントを開設したのは8月下旬ごろ。「一緒に死んでくれる方募集」と書き込むと、「死にたい」というハンドルネームから「ご一緒しませんか」とメッセージが来た。それが白石容疑者だった。

 電話もできる無料通信アプリ「カカオトーク」で毎日のようにメッセージを交わし、具体的な自殺方法も教えてもらった。電話は2日に1回、長い時で3時間話したこともあった。衝動的になって「死にたい」とつぶやくと白石容疑者はすぐに連絡をくれた。優しくて聞き上手。「首吊(つ)り士」とも名乗る男はいつしか、孤独感を埋めてくれる存在になっていた。

 白石容疑者も自分の悩みや生い立ちを話したという。真偽は分からないが、高校2年の時に軽いいじめに遭ったこと。ホストをしていたがやめた後は生活費に困っていることを打ち明けられた。自殺願望もしきりに口にし、2人で死ぬ相談を重ねていたという。「全財産をくれたらすぐに殺してあげる」。本当とも冗談とも取れる話をされたこともある。

 相手が白石容疑者だと分かったのは、事件を報じるニュースがきっかけだった。以前に送られてきた自撮り写真と容疑者の顔写真が同一人物だったことで気づいた。自殺志願者を誘い出す手口も一致していた。

 「会っていたら私も巻き込まれていたかもしれない」と女性は話す。残虐な手口を耳にするたび「だまされた」という思いも募る。ただ、否定しきれない部分も残る。

 「私に寄り添って悩みを聞いてくれる彼とのやりとりが、私にとっては生きがいだったことは確かなんです」

 女性は既読がつかないままのスマートフォンを握りしめた。

◇発覚1週間、現場に献花

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件は、先月30日の遺体発見から6日で1週間がたった。事件発覚後から、現場のアパート前には、犠牲者を悼む献花や飲み物などが供えられている。小田急線の線路脇に住宅が建ち並ぶこの一帯は、時折通る電車の音以外、日ごろは閑静な場所。花束は夜の雨に打たれ、枯れ始めた花もあり、物悲しげにたたずんでいるようにも見えた。【長真一】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000031-mai-soci
no title



続きを読む

【速報】9人遺体 被害者の1人は東京 八王子の23歳女性と確認 身元確認は初


1: 2017/11/06(月) 11:12:44.21 ID:CAP_USER9

神奈川県座間市のアパートの部屋で男女9人が遺体で見つかった事件で、このうちの1人は、先月から行方不明になっていた東京・八王子市の田村愛子さん(23)と警視庁が確認しました。この事件で被害者の身元が確認されたのは初めてで、警視庁はほかの8人についても特定を急いでいます。

11月6日 11時10分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171106/k10011212181000.html?utm_int=all_contents_just-in_001



続きを読む

【座間9遺体】「『話を聞いてほしい』と言っていた。本当に死にたいと考えている人はいなかった」白石容疑者供述


1: 2017/11/06(月) 02:14:23.42 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000004-asahi-soci

神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、警視庁の捜査で
被害者とみられる男女8人が浮上した。警視庁は8人の大半の家族と面会して
身元確認作業を進めており、一部は近く判明する見通しだ。事件は6日で、
発覚から1週間。死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)は被害者について
「『話を聞いてほしい』と言っていた。本当に死にたいと考えている人はいなかった」
と話しているという。

捜査関係者によると、事件に巻き込まれた可能性がある8人のなかには、
女子高校生が少なくとも3人いる。今年8月末から行方がわからなくなっている
群馬県の1年生(15)と9月ごろから行方不明の埼玉県の2年生、福島県の少女という。

また、白石容疑者が「8月下旬に最初に殺害した」と供述している女性と、
その知人の男性については、いずれも神奈川県に住む女性と20代男性の可能性がある。

いずれも、現場となった白石容疑者の自宅アパートから見つかったカード類や、
座間市周辺で途絶えた携帯電話の位置情報、警察への行方不明者届などを照合し、浮上した。
警視庁はこれらの人たちの親族からDNA型鑑定のための試料提供を受けている。

発覚から1週間。大きな謎は、動機だ。



続きを読む

1: 2017/11/05(日) 09:37:41.10 ID:AmR0W66i0● BE:618588461-PLT(36669) ポイント特典

http://www.yomiuri.co.jp/national/20171105-OYT1T50018.html


神奈川県座間市のアパートで男女9人の切断遺体が遺棄された事件で、白石隆浩容疑者(27)(死体遺棄容疑で逮捕)が調べに対し、「女性たちは『死にたい』と言っていたが、会ってみると本当に死にたいと思っている人はいなかった。私がしたことは殺人です」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

室内からは凶器が見つかったほか、血液反応もあり、警視庁が裏付けを進めている。
 捜査関係者によると、白石容疑者はツイッターで「首吊つり士」など、自殺を連想させる複数のアカウントを使用。連絡してきた自殺志願者の女性に、「自分の家のロフトなら首吊りをして死ねる」「一緒に安楽死しよう」と伝えて誘っていた。「友人になろう」「恋人になろう」と持ちかけたこともあった。



続きを読む

このページのトップヘ