2chニュースまとめ速報@政治・経済・社会まとめ

ブログ名≪2chニュースまとめ速報@政治・経済・社会まとめ≫。2ちゃんねるにある人気のニュースをまとめます。

HEADLINE

タグ: 選挙

1: 2017/10/21(土) 00:11:23.49 ID:CAP_USER9

調査対象114選挙区での3党の情勢
no title


 読売新聞社は22日投開票の衆院選の終盤情勢を探るため、17~19日に世論調査を行った。

 調査結果によると、自民党は単独で過半数(233)を大きく上回る勢いを維持している。希望の党は、公示前の57議席に届くかどうかの情勢で苦戦している。立憲民主党は序盤よりさらに支持を広げており、公示前の15議席から大きく伸ばしそうだ。

 今回の衆院選に関する調査は10、11日に全289選挙区で行った序盤情勢調査に続き2回目。接戦区を中心に114選挙区を対象とし、序盤の結果と全国総支局などの取材を加味して選挙戦終盤の動向を分析した。

 自民は堅調だ。優勢だった約140の選挙区で好調を維持しつつ、調査対象の114選挙区のうち16選挙区で他候補を引き離している。群馬や東京などの接戦区で、自民の候補が抜け出したケースも多い。公明党は比例選での伸びが見られず、公示前の34議席を下回る公算が大きい。ただ、自公を合わせれば、300議席に届く可能性がある。

 希望は調査対象の114選挙区で75人を擁立したが、このうち31人がリードを許す厳しい戦い。小池代表(東京都知事)の側近で結党メンバーでもある若狭勝氏(東京10区)が、競り合っていた自民候補に水をあけられるなど、小池氏が地盤とする東京で伸び悩みが続く。

 立憲民主は勢いを加速させている。長妻昭代表代行(東京7区)ら3人が終盤になって混戦から抜け出し、計6人が優位に立っている。比例選では希望を上回り、小選挙区選と合わせると、希望に匹敵する議席数になる可能性もある。

 共産党は「必勝区」に位置づける京都1区で穀田恵二国会対策委員長が自民候補に引き離された。全体的に序盤の劣勢を挽回できておらず、公示前の21議席から増やすのは難しい状況だ。

 日本維新の会は、拠点とする大阪で馬場伸幸幹事長(大阪17区)らが接戦を演じている。比例選を合わせて公示前の14議席前後となる見込みだ。社民党は公示前の2議席から伸ばせるかどうか微妙な情勢だ。日本のこころは厳しい戦いとなっている。

 もっとも、今回の調査では小選挙区選で約2割が投票する候補者を挙げておらず、情勢はなお流動的な要素もある。調査は電話で実施し、有権者が在住する7万5336世帯のうち、4万5282人から回答を得た(回答率60%)。

2017年10月20日 06時00分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news2/20171019-OYT1T50076.html



続きを読む

1: 2017/10/19(木) 19:05:27.72 ID:CAP_USER9

http://www.asahi.com/articles/ASKBL3V1XKBLUZPS001.html

年齢別にみると、18~29歳では41%が自民と答え、希望13%、立憲6%を上回った。一方、60代では自民27%、立憲20%、希望10%と、立憲の支持が比較的高い。

前スレ ★1 2017/10/18(水) 23:18:54.93
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508390032/



続きを読む

1: 2017/10/17(火) 15:53:14.15 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000040-asahi-pol

国政選挙で期日前投票をする有権者が増えている。今回の衆院選では、公示翌日の
11日から15日までの5日間で約410万人が投票し、衆院選で期日前投票が導入された
2005年以降で最多。各政党も票固めの一環として力を入れるようになっている。
ただ、肝心の投票率は50%台と低迷が続いている。

投開票日1週間前の15日夕。「なまはげ」で知られる秋田県男鹿市の商業施設に
設けられた期日前投票所を有権者が次々に訪れた。建設業の佐沢政志さん(60)は
「買い物のついでに気軽に投票できる。いつも必ず期日前です」。

男鹿市は昨年の参院選(選挙区)で、投票者のうち期日前投票をした人の割合が
69・36%で県内最多となった。

1世帯あたり1・8台の車を所有し、車が主な移動手段。市はここに着目し、
住民が車で頻繁に行き来する場所にある商業施設に期日前投票所を設置した。
担当者は「住民の普段の動きを熟知することが肝心だ」と話す。

さらに秋田県内の複数の自治体担当者は、別の理由を指摘する。
「秋田は人間関係が濃密。投票日に知人と出くわして投票先を探られる状況は避けたい
という心理とうまくマッチした」。投票日は近所の投票所を指定されるが、期日前投票所は
遠くにあるため、知人と会う可能性は低くなるというわけだ。

県全体でも直近4回の国政選挙(選挙区)で、期日前の割合は全国トップ。
昨夏の参院選は47・93%で、全国平均の27・52%を大きく上回った。投票率(期日前を含む)
は全国4位の60・87%だった。


大型商業施設の中に設けられた投票所に続々と有権者が訪れた
=15日午後4時42分、秋田県男鹿市
no title



続きを読む

1: 2017/10/17(火) 06:19:41.77 ID:CAP_USER9

悪名は無名に勝る。政界の名言のひとつである。
無名の自民党2回生議員だった豊田真由子氏(43)は、ここ3カ月で一気にその名を轟かせ、全国区の知名度を獲得した。
だが、彼女のような超悪名でも無名に勝るのだろうか。答えはもちろん……。違うだろーっ!

 ***

10月1日午前10時、埼玉県の朝霞駅前に姿を現した豊田氏。
事実上の選挙戦がスタートし、連日、彼女は地元の埼玉4区内を回っているのだが、駅前で開かれていたイベントに参加していた主婦に声をかけても対応してもらえずにいた。
だが代わりに、その女性の6歳になる娘が無邪気にこう言ってかまってあげていた。

「あっ、ハゲのおばちゃんだ!」

子どもはいつでも正直である。

「ハゲのおばちゃん」こと豊田氏は、目下、自動車会社を凌ぎ「日本一有名なトヨタ」となっている。
6歳の子まで彼女の顔を知っていることがそれを物語るが、無論、彼女の場合、知名度と人気は反比例状態で、

「豊田さんは、朝霞、志木、新座の駅前で街頭演説を続けていますが……」

と、埼玉4区在住の県政関係者が哀れむ。

「地名度が上がったせいで、人が集まることは集まってくる。でも、彼女のことが怖いのか、皆ちょっと遠巻きに眺めていることが多い。
そんな『離れた聴衆』に、豊田さんは何とか近づこうとする。すると、彼女を避けようと聴衆の人波が割れるんです。十戒で知られるモーゼの『海割れシーン』を髣髴(ほうふつ)させる光景でした」

http://news.livedoor.com/article/detail/13757272/
2017年10月17日 5時57分 デイリー新潮

no title

no title



続きを読む

1: 2017/10/16(月) 16:16:55.23 ID:CAP_USER9

どの政党を支持しますか?
調査日 2017年10月14日,15日 定期調査
http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20171014/q1-2.html
自民党32.8%

希望の党5.2%

公明党3.8%

共産党3.2%

立憲民主党7.3%

日本維新の会1.8%

社民党0.5%

日本のこころ0.1%

民進党1.2%

自由党0.1%

(それ以外の政党を支持)0.8%

(支持する政党はない)38.1%

(答えない・わからない)
5.3%

※pt=ポイント

★1:2017/10/16(月) 07:04:00.91
前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508124238/



続きを読む

1: 2017/10/14(土) 23:17:50.67 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00050093-yom-pol

衆院選を前に交際疑惑や問題行動で謝罪を余儀なくされた前議員は、
それぞれの選挙戦を展開している。

「『国会に戻して良かった』と思ってもらえる仕事をすると約束する。ピンチはチャンスだ」

愛知7区に無所属で出馬した山尾志桜里氏は14日、愛知県東郷町での
演説会で声を張り上げた。

既婚男性との交際疑惑が週刊誌に報じられ、民進党を離党した後は謝罪に追われた。
だが、この日は週刊誌報道に触れず、「『総理の天敵』と言われ働いてきた」などと
待機児童解消を巡る実績を強調した。

尾張旭市でのイベント会場では、握手や写真撮影を求める人に笑顔で応じると、
記者団に、自らの選挙後について「中道・リベラルの声を結集する役割が私にもある」
と語った。影を潜めていた強気が戻りつつある。

3月に内閣府兼復興政務官を辞任した長野2区の務台俊介氏(自民党)は、
今も「おわび行脚」の真っ最中だ。務台氏は、台風被害を受けた岩手県岩泉町を視察中、
水たまりをおんぶされて渡ったことなどを問題視された。

長野県松本市であった14日の演説会でも、「大きな判断ミスだった。反省しなければならない」
と釈明に努めた。公示日の10日に岩泉町長が駆けつけ、「務台さんには頑張ってもらいたい」
と励まされたことも紹介したが、すぐに「確かに誤解されるような行為だった。謝るべき時は
真剣に謝る」と謝罪するなど、低姿勢を貫く考えだ。

 ◇愛知7区◇

山尾志桜里 43 無前《2》
鈴木 淳司 59 自前《4》

 ◇長野2区◇

手塚 大輔 34 維新
下条 みつ 61 希元《3》
中川 博司 59 社新
務台 俊介 61 自前《2》

(年齢は投票日現在。《》内数字は当選回数。届け出順)



続きを読む

1: 2017/10/14(土) 20:18:25.00 ID:CAP_USER9

希望の党候補の応援に駆け付け、「ガンバロー!」と拳を突き上げる同党代表の小池百合子都知事(左)と民進党の前原誠司代表=13日午後、東京都品川区
no title


希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は13日、都内で、民進党の前原誠司代表と衆院選公示後初めて一緒に街頭演説に臨み、希望の党候補への支援を呼びかけた。選挙戦に入ってからの党の失速に危機感を募らせる小池氏は「改革保守」の存在意義を訴えたが、お膝元の首都・東京でも聴衆の反応は7月の東京都議選と比べて冷ややかになっている。(大橋拓史、広池慶一)

 ◆激戦区で共同演説

 小池、前原両氏が街頭に立ったのは、東京3区(品川区など)にあるJR大井町駅前。同3区は、衆院解散の直前に民進党から希望の党に移った松原仁氏と、自民党の石原宏高氏の両前職が競り合う激戦区だ。

 マイクを握った小池氏は切々と訴えた。

 「序盤戦で厳しい評価が下っている。(与党に)大勝ちさせて日本はどうなるのかと思う人は、希望の党に希望を寄せてほしい」

 都議選で産経新聞社が実施した出口調査によると、3区内でトップだった支持党派は小池氏が率いた「都民ファーストの会」で、自民、公明両党の支持者を足しても都民ファーストが上回った。希望の党の候補者は、多くが「小池マジック」の再来を頼りにした。大井町駅前には冷たい雨まじりの中でも約300人の聴衆が集まった。ただ、都議選の熱狂的な雰囲気とは明らかに違っていた。

 小池氏は、民進党を事実上解党した前原氏を「身を捨てながら新時代を築こうという決断に心から敬意を表す」と持ち上げ、民進出身者に「踏み絵」を踏ませた希望の党を「一つの旗印の下に集結する改革保守」とも誇ってみせた。

 逆に安倍晋三首相(自民党総裁)を「何かを隠さないといけないから選挙をする」「このまま『安倍一強』政治を続けてはいけない」と批判したが、「都政に専念しろ」とのヤジも飛んだ。

 ◆前原氏には解任論

 希望の党の失速は前原氏の求心力低下にも直結する。民進党出身者を含む多くの希望の党候補の苦戦が伝えられ、「名を捨てて実を取る」(前原氏)という合流の目標が遠のきつつあるからだ。党内では衆院選後に前原氏の代表解任を模索する動きも起き、足元はおぼつかない。

 「合流は安倍首相の『一強政治』を倒すためだ。しっかり小池氏とタッグを組んで頑張っていく」

 小池氏に先立って演説した前原氏はこう強弁したが、聴衆の反応は小池氏のときよりも乏しかった。

                   ◇

 ■牙城の10区で自民が猛攻

 自民党は、小池氏の衆院議員時代の選挙区だった東京10区に攻勢をかけている。10区は小池氏の側近で希望の党結党時のメンバーである若狭勝氏が受け継いだ。これに対し自民党は、前回は比例代表候補だった前職、鈴木隼人氏を擁立、7月の都議選で「都民ファーストの会」に惨敗した「リベンジ」の象徴区と位置づけ、菅義偉官房長官や小泉進次郎筆頭副幹事長らが続々と現地入りしている。

 13日には、小池氏に近いといわれている党都連会長の鴨下一郎元環境相が豊島区に入り、「自民党は小池氏が知事になって混乱したが、立て直したい」と訴え、支援を呼びかけた。

 都内の選挙区から立候補する自民党候補は「街頭で『小池氏に負けるな』という激励をたくさん受ける」という。都民ファーストを離党した都議が自民党候補を支援する動きも出始めている。(沢田大典)

配信10/14(土) 7:55
産経ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000058-san-pol



続きを読む

1: 2017/10/14(土) 11:37:43.49 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000282-sph-soci

「口は災いの元」で批判にさらされた「魔の2回生」の2人が、対照的な選挙戦を
繰り広げている。元秘書に対する暴言、暴行が報じられ、自民党を離党して
埼玉4区から無所属で出馬した豊田真由子氏(43)は有権者一人一人にひたすら
謝罪を繰り返し、改めて支持を訴えるドブ板選挙。その徹底ぶりに、対抗陣営からは
“恐怖”の声も上がる。一方、度重なる放言が話題となった東京16区の自民前職・
大西英男氏(71)は「下町のトランプ」よろしくマイペースの演説を続けている。

街頭演説の予定場所に選挙カーが止まった瞬間、ドアが開き「みそぎの白」の
上下スーツを着た豊田氏が飛び出して来た。

「真由子ちゃ~ん」「頑張って!」の声も飛ぶ中、ビラを手に駆け寄ると一人一人と
固い握手を交わし、まずは「お騒がせしました」と謝罪。続けて「よろしくお願いします」
と深々と頭を下げる。周囲にスタッフは誰もいない。人混みに歩み寄り、はいずるように
して支援を訴える姿を「みすぼらしい選挙」と自嘲した。

元秘書の男性に対し「このハゲーッ!」などと暴言を吐いたことが報じられて自民を離党。
同時に、支持者も離れた。演説を聴いていた60代の男性は「あんな言葉にだまされちゃいけねえ…」
と自らに言い聞かせるかのようにつぶやいた。「『このハゲーッ』の人、出てるんだ」
としらけた表情で歩き去るカップルも目に付くなど、豊田氏を否定する有権者も多い。

だが、元秘書への態度とは180度異なる低姿勢でのドブ板選挙を見たライバル陣営は、
笑って見てはいられないようだ。豊田氏の陣営は組織なし、動員なしだが、街頭演説の
集客力は候補者中トップクラス。

豊田氏が初当選した際にも戦った維新の新人・青柳仁士氏(38)は、豊田氏の“人気”を
目の当たりにした。「公示日前日に(選挙区内の)和光市市民体育祭があって、各候補者が
集まった中、一番人気が豊田さんだった」と振り返った。

「個人の候補者の名前を挙げるつもりはありませんが…」と話した希望の党の新人・
吉田芳朝氏(43)も「良識がある人がそろっているのが埼玉4区。私は信じています」。
暗に豊田氏と彼女を支援する人たちを批判したのは、意識している証拠だろう。

演説では「私の唯一の財産は皆さんとの信頼の絆。切れてしまった人とは絆を結び直し、
つながっている人はもっと太く、強くさせていただきます」と話しつつ、衆院2期の実績を
アピールした豊田氏。その言葉が有権者に届いているのか、それとも単なる「怖いモノ見たさ」
なのかは、投票結果が明らかにしてくれる。

埼玉4区は、朝賀英義(67)=共新=、青柳仁士(38)=維新=、吉田芳朝(43)=希新=、
穂坂泰(43)=自新=の4氏も立候補している。


街頭演説中には涙をこらえるしぐさも見せた豊田真由子氏
no title


前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507941659/
1が建った時刻:2017/10/14(土) 09:40:59.52



続きを読む

1: 2017/10/13(金) 23:01:30.29 ID:CAP_USER9

時事通信が6~9日に実施した10月の世論調査によると、安倍内閣の支持率は前月比4.7ポイント減の37.1%だった。
不支持率は同5.1ポイント増の41.8%で、8月の調査以来、不支持が支持を再び上回った。
一方、衆院選比例代表で投票したい政党は、自民党が30.7%で最も多く、希望の党が11.8%で続いた。

安倍政権への不信は根強いものの、投票先では政権批判票の受け皿が分散していることで、
結果として自民党が突出する状況が生まれているようだ。

自民、希望両党以外の比例投票先は、公明党5.9%、共産党4.5%、立憲民主党4.4%、日本維新の会3.1%、
社民党1.2%などの順。「分からない」は33.8%だった。

調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は65.1%。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101300806&g=pol

★1が立った時間 2017/10/13(金) 15:27:11.98
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507897867/



続きを読む

1: 2017/10/07(土) 22:47:51.15 ID:CAP_USER9

希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は7日夜の討論会で、自民党との違いについて「安倍政権の下で外交・安全保障などに携わり、防衛相に任命された。そういった点で違いはない」と述べ、外交・安保政策に関しては安倍政権と変わらないと説明した。

小池氏は「(違いが)もしあったならばこれまでの私の役割が否定されてしまう」と指摘。その上で「(自民党と)何が違うかというと、『しがらみがない』ということだ」と述べ、受動喫煙対策は東京都が進んでいるとアピールした。

配信(2017/10/07-22:00)
時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100700929&g=pol



続きを読む

このページのトップヘ